ブログ

「なんでもたべよう!げんきアップ大さくせん」

 11月12日(木)、新郷給食センターの栄養教諭さんが食育の授業をしてくださいました。毎日給食の献立を考えてくださっている栄養教諭さんのお話を聞いて、1年生は好きな食べ物にも苦手な食べ物にも大事な栄養があるということを学びました。紙芝居を読んでもらい、「ちからがでる。」「ちやほねをつくる。」「かぜやばいきんをやっつける。」という食べ物の3つの働きについてお話をしてもらいました。給食の時間になると、「苦手なものでも一口はチャレンジします。」という子が何人もいました。これからもたくさん食べて、風邪に負けず、元気に過ごしていけるとよいですね。